NEWS
■ そー言えば、九州4デイズ。 (10/10/22)

一応に順位がつくのにレギュレーションが存在しない。「なんでー?」と聞くと「ツーリングですもの」と、スタッフは言う。まあ公式通知書で案内すれば良いか、と思ったのですが、ここで概要をまとめておきます。

集合場所

当初は1日目は各地で集まってCPを通りながら、1日目のビバークを目指す計画でした。ところが、参加者数がメチャ少ない!かも。ということと、「トランポ」で行くんだけど・・・という問題もあって、トランポの置いておけるビバークを用意しました。ですから、集合場所は南阿蘇の某所。熊本空港の至近、です。

集合時間

11月3日11:00→14:00 もちろん遅れる人は連絡くしていただいてもOK です。

11月3日 DAY-1

■1日目は137.98km。スタートゴールが同じで、ループです。
■この日はキャンプですよ。キャンプ道具を用意してください。それがNO!な人には、温泉宿があります。6000円でキャンプ場から5分くらい。費用は各自でお支払いください。送迎はしますからビバークで飲めます。
■夕食はBBQ、1日目のタスクは10個のクイズと、CP2からCP3までの距離測定。これはまた説明しますね。
■採点基準はクイズの回答のみ。1問10点×10問=100点が満点です。クイズをスタート前に渡しますから、事前によく読んでおかないと、ポイントを通り過ぎるとわからなくなるよ。1日目に間に合わなかった人には、たくさん間違った人と同点にします。

11月4日 DAY-2

■340.57kmの長丁場。
■各自のダッフルバッグは20kgまでをSSERのトラックが輸送します。
■75kmは高速道の移動。とあるポイントは迂回路ナシの時間制限!!があったりと3つのCPの通過時刻は指定されます。1時間のアロアンスがあって、早すぎても遅れてもクイズの得点から減算されます。1時間まで10点!それ以上は20点。ですから2日目はクイズ20問×10点=200点±CPの通過時刻の遅れまたは早着の減算。
■そして走行距離のオドチェックで、SSERのコマ地図の距離に最も近かった人には10点のボーナス!が加算。10人の方まで順に加算されます。補正値は前日のものを使って計算します。この日の最高得点はしたがって210点!!
■基本はキャンプです。バンガローなどの宿泊も可能です。

11月5日 DAY-3

■350.64kmこれまた長丁場。
■CPの通過指定時刻をクリアするためには、頑張らなければならないかもなのに、あまりにも観光地が多すぎて・・・クイズは10問。
■オドチェックを入れてこの日の最高得点は110点。フェリーにも乗るし後半はちょいハードかも。もちろんショートカットルートもあるよ。
■基本はキャンプです。バンガローなどの宿泊も可能です。

11月6日 DAY-4

■距離不明
■CP2とCP3がGPSポイントで示されます。もちGPSのない方には地図で示します。このCP-1からCP-2の区間、CP2からCP3までの区間。この2区間で、最短距離で走った方にポイントを与えます。1位10点。2位9点・・・10位1点です。
■クイズは10問。全行程のオドチェック1位10点・・・CP3つの通過指定時刻を守るなど、ラリー顔負けの忙しさと知恵比べ。この日の最高得点は130点。

そういう感じで行きます!!全行程の最高得点は、550点満点!!賞金額は1位10万円!!(参加人数30名以上の場合、以下参加数で按分。15人なら5万円!)なんかこう燃えるもの、なーい?

さあ、みんなで行こうぜ!!プレQ4クイズツーリング!!

■ Husqvarna 九州4デイズに。 (10/10/19)

Q4こと、九州4デイズにハスクバーナが協賛いただくことになりました。

そんで、ICO+マップホルダー付きの試乗車が投入されるので、ちょい乗り試乗じゃなくてCPtoCPのロングディスタンスの試乗も可能。

さてマシンは何かな?
当然景品も急に充実しちゃうかも。ここのところコンペ志向に思えてたハスクバーナも、実はこうしたロングライドこそ本来の姿だ!ってところを見せて貰おうじゃない。

そんなこんなで急に賑やかになってきた九州、問題は参加台数が少ないこと、まあツーリングだし、本番は来年からだし、と言い聞かせてはいるものの一抹の寂しさは拭えないのでありますね。

■ 11月3日パーティ参加のみの募集のご案内 (10/10/18)

「どーしても休めないので九州4daysツーリングに参加できない。でも仲間に会いに九州に行きたい!」という、リクエストにお応えして、11/3のパーティ参加のみを受付ます!スタート地からの景色も壮大で素晴らしいです。仕事の都合で全日程は無理な方、11/3 南阿蘇に集いませんか?

参加費5,250円(税込)/1人
参加費に含まれるもの
含まれないもの
11/3夕食、11/4朝食は含まれます。残念ですが、
その他配布物(コマ図、ゼッケン、記念品など)は含まれません。

申し込みは下記アドレスまでメールにて、申し込み下さい。support@sser.org

参加費は現金書留または銀行振込にてお願いします。(振込先は申し込み頂きましたら折り返し連絡させて頂きます)

キャンプ以外の宿泊も可能です。ご希望の方はご連絡下さい。宿泊費につきましては予約しておきますが精算はチェックアウトの際に各自でお願いします。

■ 南九州の濃厚さ、これはもはやラリーかも (10/10/14)

ほんとうに驚きのルート設定だ。日本の歴史はやはりここから始まったのかと思わざるをえない。神秘的だが、雄大で逞しいし、謎めいてるが太陽は眩しく妙にアッケラカンとしている。ビバークも凄い。目の前には根子岳と阿蘇の驚くほどのランドケープが第一夜。2日目は開聞岳を中心とする、計算され尽くした創造主のデザイニングが広がる。3日目の夜も圧巻だ。これはここではちょっと秘密にしておこうかな。夜景も夕暮れもが凄い。

そして・・・

DAY-111:00から14:00の間に集合場所に着く。その場所は出場予定者にのみ知らされる。簡単にいうと阿蘇の南。そこで登録を済ませるとスタート。決められたタイムスケジュールで、CP1、CP2を通過し、ビバークへ戻る。距離はわずかだがこのルートは、新しいルートブック、それはコマ地図ではない。
DAY-2早朝にスタートする。全てコマ地図での旅になる。知覧に午後に着く。ビバークは近いので時間の許す限り知覧で。特攻記念館や武家屋敷など知覧特有の空気が厳かだ。
DAY-3もちろん南に向かう。全てコマ地図走行。ダートは60kmあまり。美しい景観と南国特有の空気が色濃い。こんなツーリングルートがあろうとは。
DAY-4目玉は霧島神宮や高千穂峰。天孫降臨の地、神々の物語を知る最終日。途中CP1からはコマ地図がなくなる。次のCPはGPSポイントで示される。そこまでに要した距離の少ない順に加点されていく。 CP3からゴールまではわずかな距離だが、再び九州の景観に驚きつつゴールに辿り着く。この日は土曜日なので、解散後はどこかの温泉ビバークでミニ宴会を計画しようとする動きもありやなしやと。

こうして旅の途中で渡されるクイズやゲームデポイントを稼いで、優勝賞金10万円をゲット!しよう。
*優勝賞金は参加台数が30台以上の時に10万円とし、それを下回ったときは按分して減額されます。

こんな楽しいツーリング!来年はこれをベースにラリーになっちゃうけど・・・TBI、北海道、ついに九州。来年の本格開催の前に、ちょいと楽しいツーリング参加費も大幅値下げ!事故と弁当は各自負担でね。

1日目の宿泊はキャンプですが、直ぐ近くにホテルがあります。ご希望の方はお申し込み下さい。SSERの代表アドレス宛にお申込ください)

予約しておきますが精算はチェックアウトの際に各自でお願いします。

■ 九州4デイズ ゲームフォーマットについて。 (10/10/06)

本格的な九州4デイズを1年後に控えて、旅の理想ことツールの原形への思いを形にしてみようと思います。本来ラリーは非常に旅に似た姿をしています。特にクロスカントリーラリーは、その憧憬の地を行くのですから。知っておけば知らなかったよりも、はるかに楽しく魅力的になるはずです。もちろん林道が魅力的だとかの要素も少なくはないのですが、今回の九州4デイズ・プレツーリングは、ただのツーリングじゃあないぞ!ということで旅の目的地に秘められた難題に挑戦していく、まあクイズと謎解きと記憶力と、携帯の検索能力の勝負となるのですが・・でもまあ走れなければ、ちょっと厳しいかもしれませんね。新しい、面白い、謎解きと歴史に挑む、4日間。事前の予習とSSERのHPのチェックは欠かさずに。 SSER つぶやきBLOG  SSERツイッター

ルートの概要が決まり次第お知らせしてまいります。参加車両に関してのご案内はしばらくお待ち下さい。

■ 受付を開始しました。 (10/09/09)

口蹄疫の被害を重く見て、九州4デイズは1年間の延期としました。しかしこの日程を計画していた!という声も多く、何よりこの11月初旬は「良い時候じゃないか?」という事になりました。そこで、やはり楽しいイベントを開催しよう!という事になったには当然のこと。

火の国熊本・南阿蘇が拠点となる予定です。スタートは大阪、広島や福岡。もちろん現地集合でもOK!まあ第1日目は、それぞれのスタート地点から自由にスタートしてきてくださいね!という意味。でもどこかにCPがあったり何か仕掛けがあるかも。そしてその夜は、早くも全開!のパーティ。温泉もあるそう。そして、南阿蘇から高千穂へ、美しい連山を貫いて鹿児島までを往復する夢のような3日間。さまざまな見たかったけれど見ていない土地が沢山あります。ボクは知覧に行ってみたい!!

TBI、北海道、ついに九州。来年の本格開催の前に、ちょいと楽しいツーリングでカオルサンやマルちゃん?たちのルートプレゼンテーションを受けることに。ラリーと友情の輪が、九州で深化することになりますね。参加費も大幅値下げ!事故と弁当は各自負担でね。